ふたりで歩む道。

夫婦ふたり暮らし。分かり合えたり反発したり。ふたりにとって、心地よい接点探し。これからも続きます。

「私」はどうしたい?

断捨離を始めたばかりの頃は、躍起になっていた。
「捨てなければ」「モノを減らさなければ」と。

モノが減っていくと快感だった。
もっと捨てたい…私の気持ちはのめり込んでいく。

その反面、素敵な暮らしがしたい!と、blogを読みあさり、いいな…と思う商品を「真似」。
真似をすれば、その方たちの素敵な暮らしに追い付けるような錯覚を受けていた。

「私」の気持ちは。
置いてきぼりだったなぁ。きっと。

その次に訪れた気持ち。
モノを捨てることへの罪悪感。
使いきれなくてごめんなさい。
思いつきで買っちゃったなぁ。
もっと考えて買えば良かったな。等々。

買うことに慎重になった。
ちょっと怖かった。

極端な性格だなと思う。

そんな気持ちを経て。
今は誰かの真似でモノを買うのではなく、「私」と対話しながら買い物をするようにしている。
私が使いやすいもの。
大切にしたいと思えるもの。
基準は「私」。

うん。何だか心地よい気持ち。
使いきる事の快感も、今味わっている。

これから見直したいのは、ガラスのコップと洗面所のタオル。
時間がかかっても、気に入る納得のいくものに出会いたいな。

「私」が心地よいと思え、身の丈にあったモノを。

広告を非表示にする